スキニージーンズで健康被害の可能性も⁈窮屈なものには要注意

スキニージーンズはピッタリとしたシルエットのジーンズで、足のラインが綺麗に見えることから愛用されている方も多くおられます。

f:id:seitai08047072233:20180913234706j:image

そんなスキニージーンズですが、海外で健康被害があったとオーストラリアのアデレード大学が事例を発表しています。

実際に起きた健康被害

引越しの手伝いをしていた35歳の女性はタイトなジーンズを着用し、長時間しゃがんで作業を行っていました。

その帰宅途中、女性は足の感覚がなくなり、立ち上がる事ができず病院に運ばれています。

 

女性の足は膝から下の感覚が麻痺し、ジーンズが脱げなくなるほどふくらはぎは腫れており、足首や足趾を動かせなくなっていました。

 

その後、女性が1人で歩けるようになるまで4日かかった事がわかっています。

なぜこのような事になったのか?

女性は「コンパートメント症候群」と診断され、タイトなジーンズを履き長時間しゃがんで作業をした事が原因と述べられています。

コンパートメント症候群とは?

何らかの原因により血管が圧迫され、血液の循環不全から筋肉や神経の機能障害が生じます。

 

今回の場合、タイトなジーンズを履きしゃがんでいた事で、足が圧迫されコンパートメント症候群を発症していたようです。

*1

他にも不調を引き起こす可能性も

タイトなジーンズなどを履く事で以下のような不調を引き起こす可能性が考えられます。

太ももの痺れや痛み

「知覚異常性大腿神経痛」とよばれ、太ももに沿って痺れや痛みを生じます。

窮屈なズボンを履くことで、太ももを通る神経が慢性的に圧迫を受け発症する可能性があります。

消化器官にも影響

窮屈なズボンを履くことで、胃が圧迫され、胃酸が食道へと逆流する「逆流性食道炎」引き起こす可能性があります。

*2

これらを防ぐには?

上記のようなリスクを軽減するには、当たり前のことになりますが、ゆとりのある服装を選ぶことです。

 

また、タイトなジーンズやパンツを履く回数を減らすなど簡単なことで防ぐことが可能なようです。

*3

参考文献