涙を流すとリラックス効果が⁈泣くことで得られるメリットとは

泣くとゆうこと自体にあまり良いイメージをお持ちでない方も多くいらっしゃると思います。

 

しかし、様々な研究により涙を流すことで得られる健康効果があることがわかってきているようです。

f:id:seitai08047072233:20180827072743j:image 

今回は泣くことで得られるメリットをご紹介します。

リラックス効果

感情によって出る涙にはリラックス効果があると考えられています。


2014年の研究では、泣くことで副交感神経を活性化させ、カラダをリラックスさせるのに役立つと説明されました。

 

しかし、これらのリラックス効果は泣いてからすぐに得られるのではなく、数分の時間を用すると述べられています。

*1

痛みを和らげる

研究では感情的に涙を流すことでエンドルフィンを放出することを見出しているようです。

 

これらは気分を高揚させ、身体的および精神的痛みを緩和できる可能性があります。

 

このように、感情的に涙を流すことは痛みを軽減させ、幸福感を促進するのに役立つと考えられます。

ストレスを軽減

ストレスに反応して泣くと、その涙には数多くのストレス物質などが含まれています。

 

研究者たちは、泣くことでと体内のこれらの物質レベルが低下し、ストレスを軽減できる可能性があると考えられています。

 

しかし、これを確認するためには、この分野ではさらに多くの研究が必要なこともわかっています。

細菌から目を守る

涙にはリゾチームと呼ばれる成分が含まれています。

 

研究によるとリゾチームには抗菌作用があり、全細菌の90〜95%を10分以内に不活性化する能力があるといわれています。

 

このように涙に含まれるリゾチームは、目の感染症と戦うのに役立つことが分かっています。

*2

視界をクリアに

瞬きするたびに基礎分泌される涙は、目を潤わせて粘膜が乾燥するのを防ぎます。

 

目の粘膜が乾燥すると視界がかすんだり、ぼやけたりすることがあります。

基礎分泌される涙の潤滑効果は視界をよりクリアにすることができます。

*3

参考文献