白湯はダイエットに効果的⁈飲んで得られる健康効果

白湯とは水を一度沸騰させ飲める温かさまで冷ましたものをいいます。

 

白湯は簡単に日常に取り入れる事ができ、体を温めるなどの様々な健康効果が期待されています。

f:id:seitai08047072233:20180801151432j:image

飲む量

1回に飲む量は100ml〜200ml未満にし、1日で800ml未満を目安に飲むのが良いようです。

飲み方

1度沸騰させた水を40度〜50度まで冷まして、ゆっくり飲むのが理想とされています。

白湯を飲むメリット

白湯を飲むことで得られるメリットは以下のようなものがあります。

便通改善

水分不足は便秘の原因の1つになることがあります。

白湯を飲むことで水分補給及び、内臓の温度を上昇させ腸の蠕動運動を活発にします。

 

毎日食事を取る前に白湯を飲むと、便通を改善し便秘のリスク減らすことができる可能性があります。

*1

血液循環の改善

温かいお風呂に入るのと同じく、緊張した筋肉をリラックスさせ、血液の循環を助けます。

 

白湯を飲むことで同様の影響があり、クーラーなどで冷えた体を温めることができます。

*2

太りにくいカラダに

2003年に発表された研究では、冷たい水を飲んで白湯に切り替えると、代謝量が増える可能性が示唆されています。

研究者らは食事の前に500mlの白湯を飲むと代謝が30%増加したと報告しています。

 

これは代謝を高めカロリーをより速く燃やすことができ、ダイエット効果が期待できます。

*3

 

また、白湯などの温かい飲み物には胃の満腹中枢を刺激する効果があるといわれており、専門家は朝食の前に白湯を飲むと1日に摂取カロリーが少なくなると述べています。

 

食事量を抑えるために食事の15分前に白湯を飲むことで、過食を避けカロリー摂取量も約13%減少していたことがわかっています。

*4

白湯は食べすぎを防ぐのにおすすめです。

まとめ

白湯は体を温め、ダイエットや内臓の機能を活発にするなどのメリットがあることがわかりました。

 

しかし、メリットがあるからといって白湯を飲み過ぎたりすると逆効果となる可能性もあり注意が必要です。

 

しっかり白湯の飲み方と量をまもり継続することで、様々なメリットが得られると考えられます。

参考文献